活躍の実感を受けやすい請負案件

派遣で働いてきたSEが独立してフリーランスを始める目標としてエンジニアとしての活躍場面を手にいれたいという発想のことがしばしばあります。派遣で働いていると現場でサポート的な役割を任されることが多く、長期的に働いているとだんだんと責任のある仕事を任されて達成感を感じやすくなっていく傾向があるのです。

即戦力を求めていて、すぐに活躍できる現場が用意されていることもありますが、有能さが重要になるためベテランのSEにならないとなかなか紹介を得られないという場合があります。しかし、独立してフリーランスを開始し、請負案件を選ぶことによってすぐに活躍しているという実感を得られることがよくあります。

通常、派遣での仕事やフリーランスでも常駐型の仕事をした場合には全体の中の一つの業務にしか携わりません。そのため、確かに適切な仕事ができていたとしても、それが本当に成功につながったのかが判断しづらいこともよくあります。

しかし、請負案件では基本的には自分一人の力で全てを解決しなければなりません。クライアントに対するヒアリングから始まり、納品まで確実に自分で遂行することになるでしょう。何度もクライアントと打ち合わせをしながら、最終的に満足してもらえる成果物を作り上げて納品できると確かな達成感が得られるのです。その満足が活躍したという実感を生み出すのは明らかでしょう。一人でも働ける力を身につけたら独立して請負案件を手に入れると活躍場面が大きく広がるでしょう。