選択肢が増えるフリーランス

SEが派遣ではなく独立してフリーランスになることを選ぶメリットの一つとして働き方に新しい選択肢が手に入る点が挙げられます。

派遣で働いているときには自分の経験やスキルなどに見合った仕事を選んで働くことにはなるものの、基本的にはクライアントの指定する現場に行って業務の一部を担当するという形になるでしょう。しかし、独立した場合にはそのような形の委託業務を受けることもできますが、請負業務も豊富に存在している点が特徴です。

請負業務は成果物を独力で完成させてクライアントに納品することにより報酬を得られるという形の契約になるのが特色になります。派遣でも全く見られないというわけではありませんが、優秀なSEほど独立することを目指す傾向が強い影響があり、成果物の完成度を求める請負業務は独立した人材に依頼として出されることが多いのです。

請負業務で働くようにすると勤務時間や勤務場所を指定されることはあまりないのがメリットでしょう。朝は働かずに夜型で仕事をすることも可能であり、自宅勤務をすることもシェアオフィスなどを借りて働くこともできるため、自分の好みに応じて選べるのです。また、必ずしも企業との直接的なつながりを持つ必要もなく、エージェントを利用して匿名の関係で気軽に仕事をすることもできます。

束縛をあまり受けずに働けるようになるのが独立を選ぶメリットであり、SEとしての実力が十分にあると判断できたら選んでみると良いでしょう。