定年をなくすために選ぶ独立

派遣社員として仕事の紹介を受けながら働いているSEはその会社の定年までしか働くことはできません。それ以前に能力的な不足が生じてしまうとなかなか仕事を紹介してもらえなくなってしまう場合もあるため、日々新しい技術を学ぶことも重要になるでしょう。地道に勉強しながら働いていれば年齢に応じた仕事を手に入れて定年を迎えることもできます。しかし、それ以降も働きたいというSEは定年のない働き方を選ぶこともあり、独立してフリーランスを始める理由の一つです。

フリーランスをする場合には基本的には仕事が見つかる限りはずっと働き続けられます。派遣のように紹介を受けて働く場合には、年齢が問題になってだんだんと仕事が先細りしてしまいがちです。しかし、自分で企業から直接契約を依頼されるようになっていると、年齢を気にせずに仕事を続けられるようになるでしょう。

しかし、独立して働いているときには若い世代との競争も意識しなければなりません。新しい技術を当然のものとして習得してきた若い世代のSEと同等以上の仕事ができなければ、いつかは若いSEに仕事を奪われてしまうことになるからです。

一般的な定年を過ぎても働きたいと考えている場合には、常に技術面で若い世代と同等以上を目指し、経験の分で凌駕するという形を維持することが重要になります。年齢を重ねるにつれてより一層の努力が必要になることは念頭に置いて老年まで働くと決断しましょう。